「1日でインプラント?」

今日は、「インプラントがその日に入るか?」のお話です。私の知り合いから「1日でインプラントができる?」との質問がありました。それは「インプラントの手術と歯を入れる事が一日で全て完了するか?」という意味でした。

その質問に対して私は以下のようにお話しをいたましたので共有したいと思います。
まず、土台となるインプラント本体の手術自体は実際1本であれば通常は20-30分もあれば終了します。その後、必要によってはすぐにその上に仮の歯を入れることは可能な場合もあります。必要と言うのは、例えば、前歯などは無いままだと見た目が悪いなどの事情です。また、その人の身体の状態や口腔内の状況によっても変わります。しかし、そのような場合で無ければ、仮の歯はインプラント本体が骨に完全に付くまで待ってから入れた方が良いと思います。特に見えにくい奥の歯などであれば、2−3ヶ月ぐらいは無くても不自由する事はあまりないと思います。やはりキチンとインプラント本体と骨がインテグレーションしてから仮の歯を入れて、口腔内全体の噛み合わせも見ながら、それにあった最終の歯を製作して入れてもらうのが良いと思います。

それから、インプラント手術をする前には、虫歯や歯周病などの治療を完全に行い、インプラント後に起こるかもしれない課題を減少させる事をします。その為の日数も必要です。

このように、インプラント治療には事前診断や時には事前治療も必要になります。インプラント本体を入れてから歯を入れるまでに、口腔内全体の状態をチェックしながら治療を進めるため、それ相当の月数をかけないと良い治療ができないと考えられた方が良いと思います。

ページトップ