今回は「治療方法はそれぞれ」というテーマです。

過日、二日間に渡り歯科の先生方がそれぞれの症例を発表する学会を聴講してきました。発表は全てが複雑な症例を取り上げていました。この「複雑」というのは、既に治療されている箇所が再度悪化し、歯周病治療、根管治療、矯正治療、インプラント治療などを複合的に行わないと完治しないという意味です。

今回の話のポイントは二つあります。まず初めは、どのような症例においても、その先生の熟練度、つまり経験値からくる医療知識により治療方法が違うと言うことです。治療は、患者様の年齢や現在治療している他の病気、それからお口の中の歯の状態などを総合的に勘案して治療計画を立てる必要があるからです。言い換えれば、とても多くの情報を一つ一つ理解した上で、歯科医師が自分自身が最善と思う方法を探すのです。第二のポイントは、その上で先生方はそれを患者様に説明し、尚且つ納得をしてもらわない限り治療できないと言うことです。例えば、歯科医師が抜歯したいと思っても、患者様が「No」と言えば、その方法は使えないので再度考えないといけません。そして、自費治療の場合は、特に最終的にかかる総費用の合意を得てからやっと治療が始まります。

このように治療方法はそれぞれあり、それにより治療費用も変わります。私共患者側はこうした状況を適切に理解した上で、その治療を受けるかどうか判断する事になります。もし、判断しかねる場合はセカンドオピニオンをとるという選択肢もあることを再認識する必要があると思います。

ページトップ