今回のお話は、「治療その後」 です。

先日聴講した学会での症例は全て以前に1度か2度ないしそれ以上、既に治療を受けた患者様のケースです。当然ながら一つの歯科医院もしくは複数の他の歯科医院で治療していると思います。

『このような治療した歯が悪くなると言う理由は、患者様の歯ぎしりや外傷によりますし、治療後何年もお口の中の衛生状態をどのように管理しているかも関係があります。要は、元々なんらかの理由で悪くなったのですから、ほったらかしておいてはそれ以上良くなる事はないのです。それから前回の治療そのものによる場合もあるかもしれません。

さて、こうしたケースを見た後の歯科治療を受けた患者としての私の個人的な感想です。どのような治療でも10年ぐらいのスパンしか持たないと考え、常に注意を払って自己管理し、プロの方々にお願いして経過を観察するような自己防衛が絶対に必要であると改めて考えさせられました。これは一般的な医科の手術においても同様です。手術後には再発防止のため経過観察を行い、一定期間は病院で定期的に検査を受けるよう言われるはずです。それと同じように歯科治療においても、歯科医師や衛生士というプロの方々に定期的に検診とケアをしてもらい、できるだけその状態を保てるよう、自分でもお口の中の衛生状態を管理しなくてはいけません。自分でできる事とは、歯ブラシやデンタルフロスや洗口液を使う、いわゆるホームケアと称される事です。ご自身で効果的に行う為には、まずプロの方々に指導してもらい、その方法を守り、コツコツと地道に続けて行くことが大切なのです。

ページトップ